医療事務の資格って調べだすとどんどん出てきますよね。
それも似たような名前の資格ばかり。

いったいどの資格を取れば良いの?
ということですが、初心者が医療事務資格を狙うのであれば、ポイントは医療事務の業務全般が問われる試験であることくらいです。

公益財団法人の日本医療保険事務協会が主催する「診療報酬請求事務能力認定試験」以外は、医療事務の資格は医療機関でそれほど評価されていませんし資格による違いも認識されていません。

約40年の歴史がある一般財団法人日本医療教育財団のメディカルクラークや、同じく約50年の歴史がある株式会社技能認定振興協会の医療事務管理士に合格して履歴書に書いたとするなら、

「で、これは何を学べる試験?」

と面接で聞かれることを想定しておきましょうね。

医療事務資格は必要ないの?

医療事務資格って必要ないの?役に立たないの?

と思われれる人も多いでしょう。

確かに、医療事務資格に合格したから就職も簡単に決まると思うのは間違いです。
また、医師試験のように合格者でないとしてはいけない業務などもありませんので、資格を取っていなくても、医療事務として働くことはできます。

医療事務は女性に人気の仕事です。

求人も安定し、経験者が優遇されるので年齢を重ねたり、結婚や出産・育児によって仕事を離れてていても再就職しやすいことなどが魅力です。

「経験者が優遇されるなら未経験者は無理では?」
と思われるかもしれませんが、誰でも最初は未経験者です。

また、経験者優遇と言うことは、最初は厳しいですが将来あなたが経験を積んだ時には未経験の人より有利な立場に立てるということです。

それとも、経験を重ねても未経験の新人と同条件で求人を取り合う仕事が良いですか?

ですから、最初はパートでも、アルバイトでもまずは医療事務の仕事について経験を重ねることが大事です。

そのための一歩として、医療事務の資格は取ったほうが良いです。

例えば、エクセルでの業務が多い仕事場でエクセルが出来る人を募集したとします。

①未経験です。
②未経験ですが、エクセル操作の資格持っています。
③経験者です。

あなたなら、だれを採用しますか?

②か③ですよね^^

特に小さめの診療所やクリニックは即戦力を求めますから、やはり③経験者が有利です。
③に性格的な問題もなく、一人採用なら②の資格合格者は不採用ですね。

ですが、二人採用もしくは、③の人がシフトの条件が合わないなど不採用になれば②の人が採用です。

資格を持っているので基本は分っているだろうし、資格を取る努力を出来る人だという評価も得られますね。

ただし、面接で①の人がそれ以上の何かをアピールできるのであれば採用される可能性は0ではありません。

医療事務は人気の仕事ですので、本気で医療医務で働こうと思うなら医療事務の資格は取るべきだと思います。

医療事務の資格はあなたの役にたちます!

未経験者にとって医療事務は初めての世界です。

患者として待合室と診察室にいたくらいでは、全然見えていません。

医療事務の仕事は、はっきり言って初心者には難しいです。
医療系の専門用語に、医療法規や社会保険制度、診療報酬計算の仕組みなど。

たまに、医療事務なんて簡単という意見も見ますが、単なる受付係、パソコン入力係になっていませんか?とお聞きしたいです。

今は医療用のコンピューター(医事コン・レセコン)も賢くなっています。
間違えた入力をしようとすればエラーで教えてもくれます。

ですが、パソコンから出た結果が正しいか、間違っているか判断できますか?

「これから医療事務としてずっと働いていきたい。」
と考えているなら、医療事務の基礎を一通り満遍なく学んでいて欲しいと思います。

そのためにも医療事務の資格を目標にして勉強することは、医療事務の仕事においても絶対役に立ちます。

前置きが長くなりましたが、初心者・未経験者が狙いたい資格をご紹介します。

初心者・未経験者が狙いたい資格

医療事務資格の中には一部地域でしか試験会場を設けていないものもありますので、全国的に受験可能なものから選んでいます。